商標登録のメリット

商標登録がされると、商標権が発生します。
登録した商品やサービスについての名称を独占的に使用できる他、
他の第三者が同一又は類似する商標を使用する事を排除することができます。

 

例えば「ウォークマン」という名前。
この名前を商標登録することによって、他社は同様の製品を開発したとしても
「ウォークマン」と言う名前をつけることができません。

こういった権利は、当然と言えば当然ですよね。
企業努力を重ね「ウォークマン」という製品を開発し、
営業努力によってその商品やサービス、品質に対して
信頼を積み上げてきているわけです。
購入者もウォークマンだからこそ購入を決めているのです。

それが、品質もサービスも悪い類似商品に、勝手にウォークマンという名前を
付けて販売されたらどうでしょうか?
購入者は、「あのウォークマン」を購入するはずが、まがいものを買ってしまった・・
ということにもなりかねません。
そして、それまで積み重ねてきた品質やサービスにおいても、
企業の信用は失墜してしまいます。

このように、商品名やサービス名、ブランド名というのは単なる名前ありません。
それは、会社の信頼やサービスや商品の品質保証までもが入っている、
いわば『ブランド』『会社の顔』になるわけです。

また、これは同一名称だけでなく、類似する名称へもその権利を得る事ができます。
先の例で言えば、他者は「ウォークマンZ」といった紛らわしい名称が
つけられないようになります。
そして、もし第三者が無断で利用した場合には、法的措置を取る事も可能です。
裁判所へ訴訟提訴し損害賠償を求め、その権利を守る事ができます。

 

商標登録は義務ではありません。
しかし、商標登録を行いその名称の価値・権利を守っていくことは、
企業が円満に経済活動を行っていくために必要不可欠なものと考えておくべきでしょう。

Trackbacks