商標登録をしない場合のリスク

商標登録は義務ではありません。
ですが、商標登録を行わない場合のリスクは当然あり、
深刻なトラブルに発展するものが多いのも事実としてあります。

 

1.他人に商標権を取得された場合

例えば、ある会社が努力を続け良いサービスを提供し、
人気商品の『AAA』を作ったとします。
購入者や利用者は、AAAなら安心だ、AAAが欲しいと思ってくれているわけです。

しかし、その商品の商標登録を行っておらず、第三者がその知名度を利用しようと
全く同じ名前「AAA」という商品を作り市場に出したらどうでしょうか?
それまでの事業努力によって得た知名度や信用をそっくり利用しているのです。
これ程悔しいものはありませんし、経営を脅かす事にも繋がりかねません。

そしてさらには、その第三者が先にAAAという名前を商標登録してしまったら?
先に使用していた会社は、AAAという名の使用を停止せねばならず
(例外もありますが)、しいては訴えられる可能性すら出てきてしまいます。

*例外:その商標が、世間においてかなりの知名度がある場合は、
継続して使用する事ができます。

 

2.偽物が市場に出回った場合

良いサービスや商品を提供していると、世の中にはそれを悪用しようとする人が
いるもので、類似名や類似商品、全く同じものを作成・使用、販売するケースが
往々にしてあります。
ブランド物の偽物などが良い例ですね。

商標登録を行っていれば、こういった商品を法的手段で排除することができます。

がしかし、もし行っていなければ泣き寝入りする事にもなりかねません。
また、同じ商品で粗悪品が出回った場合、それまで築いてきたそのサービスや
商品に対する信頼も失ってしまう事になります。

 

このように、商標登録をしない場合のリスクは非常に大きいものです。
経営活動を行う上で、こういった権利をしっかりと得ていることは
非常に重要なのではないでしょうか。

Trackbacks